六地蔵石憧

 近鉄斎宮駅からまっすぐ進むと、江戸時代の面影を残す参宮街道へ出ます。この街道は別名 “伊勢街道” とも呼ばれ、当時はお伊勢まいりでたいそうにぎわったそうです。現在では、竹神社前の交差点に“伊勢街道” の標識が立っています。
 この街道を東へ伊勢方面にすすむと、竹神社があります。
現在の竹神社は、明治44年に合祀されここに鎮座されました。
また、ここには斎宮城があったという伝承も残っています。
 さらに、伊勢方面に歩きますと、六地蔵石憧があります。六地蔵石憧は、室町時代後期に建立されたもので、高さ約2mで燈籠形をしています。一部が六角形になっており、その各面に地蔵が刻まれています。

街道標識(竹神社前) 竹神社


TOPへ / もどる