以前紹介しました六地蔵石幢から、伊勢方面に伊勢街道をすすんでいただくと明星地区に入ります。
しばらく行きますと水池土器製作遺跡の標識が現われます。そこをを右折しますとすぐの所です。
現在は史跡公園になっており、芝生がきれいに敷き詰められていて非常にきれいです。
昭和48年の発掘調査により土師器(はじき)を焼いた窯16基や掘立柱建物4棟の跡などが見つかりました。
斎宮の発掘で出土する土器の90%以上が素焼きの日常雑器である土師器(はじき)である事から、ここは斎宮に供給する土師器(はじき)を生産した工場跡だと考えられています。

 

TOPへ / もどる